あの肉の万世秋葉原本店がオススメする噂の料理「ダブルパコリタン」を食す

f:id:Yamadamado:20190804113344j:plain

肉の万世秋葉原本店に行ってきました

東京都民ならばカツサンドでお馴染みの『肉の万世』。

そんな万世の総本店が秋葉原にあることは有名だと思う。10階建てのビルが丸ごと万世のレストランなのだ。全階制覇を夢見る人も多いだろう。

f:id:Yamadamado:20190804110002j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105636j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105700j:plain
ここは肉のワンダーランド。ステーキも、しゃぶしゃぶも、すき焼きも、ハンバーグも、トンカツも、焼き肉も、ローストビーフ、鉄板焼きも、およそ肉に関するものなら何でもそろっている。

f:id:Yamadamado:20190804105809j:plain

地下1階から10階まで、それぞれが特色あるレストランになっているようだ(8、9階はオフィス)。初めて訪れると、何階で何を食べればいいか迷ってしまうだろう。優柔不断は幸せだ。しかし、そんなあなたにひっそりとオススメされている料理がある。

それが「ダブルパコリタン」。

ダブルパコリタン、名前だけでその姿を想像できるだろうか。これはそんなダブルパコリタンを選び、食べた記録だ。

f:id:Yamadamado:20190804105543j:plain

万世ビル、誰の目にも明らかなので迷うことはないと思う。

f:id:Yamadamado:20190804105806j:plain

入り口でもう圧倒されるかもしれないが、中へ進もう。

f:id:Yamadamado:20190804105632j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105624j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105938j:plain

"いらっしゃいまんせい!"

自分も含めて、優柔不断な人はまずは3~4階のファミレス形式な「肉の万世レストラン」に行くのがいいようだ。

f:id:Yamadamado:20190804105830j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105607j:plain

ゆったりとした間隔の店内。席に座り、メニューを見る。

f:id:Yamadamado:20190804105550j:plain

ステーキや

f:id:Yamadamado:20190804105900j:plain

ハンバーグなどファミレスでお馴染みのメニューがそろっている

f:id:Yamadamado:20190804105947j:plain

もちろんカツサンドもある

何を食べようか、海老フライもつけようか…と迷っていると、後ろの方のページに見慣れぬ料理名がある。

f:id:Yamadamado:20190804105734j:plain

これがウワサのパコリタン!と言われるとなになに、と見てしまうのが人の性だ。

パコリタン、排骨(パーコー)ナポリタン。排骨麺でもお馴染みのパーコーとは、言ってみれば豚バラ肉の唐揚げ。

ダブルパコリタンとは、ダブルパーコーナポリタンなのだ。名前のインパクトに負けず、見るからにボリューム感がありそうだ。「Light meal 軽食」というジャンル分けに戸惑ってしまう。

f:id:Yamadamado:20190804105916j:plain

牛「おすすめ!」

よく見ると、かわいらしい牛のイラストがおすすめしてくれている。パーコーは豚。牛が豚を食えと言っている。つまりこれは必死の命乞いと受け取った方がいいかもしれない。少しでも自分を慈悲深い人間だと思っていれば、この命乞いは無碍にすることはできないだろう。

決まった。

ウェイターのお兄さんを呼び、「ダブルパコリタンひとつ」と声に出して頼む。

f:id:Yamadamado:20190804105749j:plain

324円のドリンクはおかわり無料

ちょっと良いことをした気分で、アイスコーヒーを飲み一息つく。ダブルパコリタンが来るのを待とう。

f:id:Yamadamado:20190804105709j:plain

圧倒的な見晴らしの良さ

窓際の席にしてもらうと、こんな風に秋葉原が見渡せる。

f:id:Yamadamado:20190804105853j:plain

眼下には万世橋が。明治時代に作られた良い感じの橋だ。

店内に目を戻すと、いろんなところに万世に来たことを実感させてくれるキャラクターがいる。

f:id:Yamadamado:20190804105628j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105931j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105911j:plain

守りたい、この笑顔

f:id:Yamadamado:20190804110007j:plain

万世のキャラには牛だけでなく、豚の家族もいるようだ。表面上は仲良さげに見えるが…

f:id:Yamadamado:20190804105938j:plain

もう一度入り口のポップを思い出すと、牛だけがナイフとフォークを持っていることに不穏な空気を感じてしまう

f:id:Yamadamado:20190804110026j:plain

醤油もソースもオリジナル。ディズニーランドのレストランにキッコーマンが置いてあったら嫌なのと同じ理由で、こういうのって大事だと思う

f:id:Yamadamado:20190804110021j:plain

料理人は食材に似てくるということか

f:id:Yamadamado:20190804105716j:plain

これらの万世グッズは1階のコンビニで購入可能

そうこうしているうちに、ジュージューと音を立ててやってきた。

f:id:Yamadamado:20190804105738j:plain
f:id:Yamadamado:20190804105941j:plain

圧倒的なボリューム感。これがダブルパコリタンだ。

しかし、それだけではない。

f:id:Yamadamado:20190804105822j:plain

注意深い方ならメニューを見逃さなかったかもしれないが、デフォルトでライスと豚汁がついてくる。小ライスとかでなく、しっかり一人前だ。ダブルパーコーの存在感のおかげか、いわゆる炭水化物をおかずに炭水化物を食べる状態にギリギリ見えないところも素敵だ。

f:id:Yamadamado:20190804105656j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105813j:plain

パーコー、食べる前はトンカツと何が違うのかって感じだったが、全然別のジャンルだ。ザクザクとした食感が魅力のトンカツと違い、衣が薄いパーコーの魅力は豚本来の弾力を感じれるところだろう。サクッ、モチッて感じ。そしてパーコーはトンカツよりも素材の甘みやうまみがダイレクトに感じられる。肉の万世の自信の表れだろうか。

f:id:Yamadamado:20190804110017j:plain

ナポリタンは固めに茹でられていて、鉄板のおかげでおこげもついていい感じ。味はオーソドックスだが、間違いのないナポリタンだ。

つまりダブルパコリタン、美味しい。

f:id:Yamadamado:20190804105706j:plain

ライスをどうするかだが、このようにすると「パーコー定食に、付け合わせのスパゲティが大量だった」と捉えることができる。捉え方ひとつで、付け合わせのスパゲッティが伸びていない!という小さな喜びも味わえる。f:id:Yamadamado:20190804105908j:plain

そして豚汁が美味しい。豚肉が美味しいのは当たり前なのだが、それ以上にだしが美味しい。おそらく煮干しか、昆布か、かつおか、いりこでとっているんじゃないだろうか。豚汁でありながら、しっかりと出汁の効いた滋味深い味だった。もちろん肉も大きい。なんとか写真に写そうと頑張ったが、むしろ沈んでいく姿からその重みを想像して欲しい。

f:id:Yamadamado:20190804105928j:plain

牛の命乞いもむなしく友人が頼んだハンバーグ。和牛の味がして美味しかった。

肉の万世レストラン、ここまでで大満足なのだが、それだけではない。

f:id:Yamadamado:20190804105709j:plain

この写真に3つの線路が写っていることがおわかりだろうか

f:id:Yamadamado:20190804105639j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105731j:plain

f:id:Yamadamado:20190804110043j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105825j:plain

ゴウンゴウン

電車好きにとっても素晴らしいスポットだと思う。3階の高さは、ちょうど高架と同じ目線なのだ。都心の列車はいいリズムで通り過ぎる。電車が特別好きでもない自分でも、飽きることなく眺めていた。

f:id:Yamadamado:20190804105712j:plain

完食

こうして、電車や万世の愉快な仲間たちを楽しみつつ、ゆっくりとダブルパコリタンを完食した。パーコー、ナポリタン、ご飯、豚汁というこの組み合わせ、個人プレーに走りがちなチームにも思えたが、実際はバリエーション豊かなチームプレーができる良い組み合わせだった。最後まで、次はどの順番で食べようかというワクワク感が保たれていた。そして食べ終わってみると、食後の満足感はどこか馴染みのあるものだ。かなり満腹で食後にアイスコーヒーをおかわりした。

f:id:Yamadamado:20190804105817j:plain

ごちそうさまでした

食べる前は正直ちょっと高いな…と思っていたが、食べた後はなんだか納得できる価格に感じる。ダブルパコリタンにはアトラクション性があるのだ。「食のテーマパーク」とは安易な観光振興に使われがちなキャッチフレーズだが、ここ万世秋葉原本店にこそ相応しいのではないか。

f:id:Yamadamado:20190804105620j:plain

f:id:Yamadamado:20190804105722j:plain

帰り際の推しの強さもテーマパーク感を高める。

f:id:Yamadamado:20190804110039j:plain

トイレにもいました。抜かりなし。

f:id:Yamadamado:20190804105559j:plain

1階に降りると、万世グッズがおみやげとして並ぶコンビニがある。ここまでの体験から、お土産を買わなきゃなと自然に思わせられてしまうのが怖い。子供の頃、ファミレスのレジで売ってるオモチャを前にした感覚だ。

f:id:Yamadamado:20190808141521j:plain

買いました

手を振って、また食べにきてね!と言ってくれているように感じる。

 

そういえば、小さい頃に親に連れて行ってもらったファミレスは、ちょっとした非日常だったように思う。何が特別だったかはわからないけど、なんとなく、でも確かに非日常だった。

それが大人になると、子供の頃の非日常は日常へと変わっていくし、かわりに食における非日常の質も多様になる。「ジャケット着用必須のフレンチ」だったり「吉田類がいそうな下町の酒場」だったり「ガチなエスニック料理」だったり「ラーメン二郎」だったり。良くも悪くも非日常の解像度は高まっていく。

しかし今、あの頃のファミレス体験を再び味わいたいと思った時、意外と選択肢は少ないのではないだろうか。

万世でダブルパコリタンを食す。そんな選択肢のひとつにいかがでしょうか。

f:id:Yamadamado:20190808185355j:image